チャップアップは男女問わず、若い人からシニアまで利用できる

チャップアップは男女問わず、若い人からシニアまで利用できる

チャップアップは男女問わず、若い人からシニアまで利用できる

男女

 

世の中には様々な発毛育毛剤があり、最近はプロペシアも有名になっていますが、飲み薬は肝臓に負担がかかり、EDを併発する副作用も危惧されており、長く続けられるものではありません。

 

しかしチャップアップには、センブリエキス・グリチルリチン酸・ジフェンヒドラミンHCのトリプル有効成分が配合されています。

 

詳しくはこちら→チャップアップ

 

センブリエキスは髪の毛を生成する毛母細胞の働きの活性化をサポートして発毛を促進。

 

グリチルリチン酸は頭皮の炎症を鎮める成分。

 

ジフェンヒドラミンHCは血行促進や抗炎症作用があります。

 

また、チャップアップの凄いところは、3種のみならず、その他にも、ウメ果実エキスなどの頭皮を柔らかくする3種類の成分、

 

オウゴンエキス・海藻エキスなどの血流改善成分を12種類、大豆エキスなどの皮脂の過剰成分を抑える2種類、

 

チョウジエキスなどの、AGA(男性脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する「5αリダクターゼ」を抑制する4種類、

 

サクラ葉抽出液などの、保湿や頭皮のバリア機能を改善する10種類、これら全てが自然から得たもので、髪や頭皮への副作用の心配が無いのが特徴です。

 

さらにここに、L-アスパラギンサン酸などの髪を作る目的のアミノ酸を13種類も配合されており、たった1つの製品に、なんと全44種類もの成分が配合されています。

 

しかもシャンプーなどでは普通に入っている、香料・着色料は使っておらず、石油系両面活性剤・紫外線吸収剤・シリコンなど、頭皮に影響があるものは一切使わない無添加無香料であるところも嬉しいポイントです。育毛剤と言えば、男性専用のイメージが強いのですが、近年は薄毛に悩む女性も増加しており、チャップアップは自然由来の成分ですから、男女問わず、若い人からシニアまで全ての人が利用できる育毛剤になっています。

 

こうした徹底した監修の下で作られていることから、利用者からの評判も高く、日本臨終医学発毛教会会長から優秀な品質であると称えられています。

 

私の友人に何か良い育毛剤ない?って聞かれたら満面の笑みでチャップアップを推奨します。ただ、薬局では販売していないので公式サイトに行く必要があるのがちょっと面倒ですね。

 

髪にコシがなくなったり、抜け毛が増えたりする女性も増えている!?

 

薄毛や抜け毛は男性だけ!”と言われたのは過去の話です。現代では、食生活や生活習慣の乱れが男女を問わず問題になり、さらには、社会進出によるストレスの増大、女性特有のホルモンバランスの乱れ、染髪などの影響から髪にコシがなくなったり、抜け毛が増えたりする女性も増えているようです。

 

食生活や睡眠などの乱れといった生活習慣が髪の健康に関わることを知って、各種サプリメントや、肌にやさしいシャンプー・トリートメント、染髪剤などを使用する女性が多く、そのうえで、髪にハリやツヤを与え、美しい髪へ導く商品として発毛剤や育毛剤にチャレンジしていく女性も多いとされています。

 

また、女性の抜け毛の進み方は男性のものと異なっていて、毛髪がまばらになって髪全体の量が少なくなっていく傾向があるとされています。このような女性の髪を調べてみると、毛根部にある<毛乳頭>が小さくなって、健康な髪が生まれにくくなっているようです。なお、ストレスが毛髪の長さや太さに影響をおよぼすことも調査で明らかになっています。

 

これまで、育毛剤、発毛剤は男性向けというイメージが強く、たとえ男女兼用をうたった商品でも、女性はなかなか手に取りづらかったのですが、最近では、化粧品を思わせるパッケージデザインとなっているので、女性が気軽に手に取れる商品も増えてきています。

 

髪のハリ、コシのなさや、髪が細くなって全体が薄く見えてしまうことは、中高年女性にとって大きな悩みです。男性の場合、髪のボリュームが気になってきたら育毛剤、養毛剤などで髪を育てようと考えますが、女性の場合は、髪のボリュームに加え、ハリやコシといった髪の美しさまで求めることが多いとされています。こうした悩みをもつ女性に注目されているのが“地肌ケア”です。地肌をケアすることで、健康で美しい髪を育てる環境を作るという考え方が広まっているようです。

 

美容院などで“頭皮エステ”や“ヘッドスパ”というメニューが流行しているだけではなく、自宅用のヘアケア用品にも、地肌ケアにとり組める商品が続々と登場しているので注目のカテゴリーとされています。